社会貢献・環境活動

伊藤鉄工株式会社の環境経営理念・環境経営方針

    伊藤鉄工は、経営理念に基づき、皆様と一緒にその時代その時代に存在する社会問題を念頭に置き、日々生産活動に取り組んでいます。

    その一環として、平成22年1月25日にエコアクション21(環境省が定めた環境経営システム)の認証・登録をしました

 

環境経営理念

伊藤鉄工(株)は金属等の切削加工業者として、地球環境問題が地球上の人類と生命にとって、重要課題であることを認識し、環境負荷の継続的削減に努め、社会に貢献できる継続可能な企業活動を推進します。


環境経営方針


環境関連の法規、規制、条約を遵守し、継続的に環境負荷を軽減するため、環境経営マネジメントシステムを構築し運用します。

そのために、以下の項目の継続的な改善に全従業員で取り組みます。

  1. 電気・化石燃料等のエネルギー使用量(二酸化炭素の排出量)の削減に努めます。
  2. 環境負荷の軽減を目指した生産活動に取り組みます。
  3. 廃棄物の再資源化に努めるとともに、排出量を削減します。
  4. 節水に努め、水使用量を削減します。
  5. 環境経営方針を全従業員に周知徹底するために、教育・訓練を実施します。

取り組み事例をカテゴリーごとに紹介

1.環境経営推進会議

(1)C会議

 PDCAのCを冠して、四半期ごとにエコアクション21の活動成果をチェック(C)する会議です。

           全従業員でのC会議                C会議に準備する資料の一部

   

       

【指標の考え方:特徴】

 1)上記排出量のグラフは、目標値に対して有意差が上下5%の値が破線であり、範囲外の場合のみ取組みに何らかの原因があると考えています。

 2)当社は、基本的には総量管理で取り組んでいます。ただし、CO2削減ツールとして原単位管理も併用しています。

   この原単位管理の「消費電力量原単位」は、下図グラフから、①「固定消費電力原単位」と②「変動消費電力量原単位」に分けて評価しています。

 ---従業員の「作業の効率化」は、変動消費電力量原単位の指標に現れます。ーーー

(2)江戸しぐさ更新会議

  江戸しぐさを教材にして、弊社の経営理念に基づき人間的成長を図る一つの取り組みです。

江戸しぐさの実践報告会

  

  

江戸しぐさとは

他人に対して思いやりの心を持って、積極的に行動する活動です。

 (例) 「うかつ謝り」

足をうっかり踏んだ時、踏んだ方は「すみません」と言う。

踏まれた方は「あっ,とっさに足をよけられなかった私もうかつでした。すみません」

このように、お互いが気遣った言動を「習慣」に「癖」にすることです。

更新会議後は、社内の各所にパネル掲示

 

2.改善活動

全従業員が取り組んできた成果の蓄積を紹介します。

(1)啓発的な取組

(2)研修的な取組

(3)行動が伴う取組

(4)その他

私達の取り組みがこのように評価されました。

  1)平成23年3月25日環境活動レポート部門で奨励賞を受賞

 

  2)平成25年度のEA21事務局が実施しているセミナーで、当社の活動報告をする。

        報告風景               報告資料の展示 

                   

     報告時のスライドの1枚

 3)平成28年5月30日に環境人づくり企業大賞2015で「優秀賞」を受賞

今後も、全従業員は継続して取り組み、進化・発展していくことで、

地域社会に貢献をしつつ「持続可能な企業」

であり続けたいと考えています。